走ることについて語るときにLiuの語ること
第三部:グランドスラム、 遙かなる頂を目指して
・第1章   ・第2章   ・第3章   ・第4章   ・最終章
第二部:走ることの意味を知りたくて僕は走った
・第1章   ・第2章   ・第3章   ・第4章   ・第5章
第一部:走ることの楽しさを教えてくれた人達へ
・第1章   ・第2章   ・第3章   ・第4章   ・第5章
第二部 第2章 捻挫、挫折、光を探す僕

2008年9月13日。
初めてSWAC菅平キャンプ(2泊3日)に参加した。
高地トレーニング、クロカン、30km走等、3日間で今まで一番充実した練習ができた。
戻ってきてからも週末は25km走、30km走、25km走と順調に距離を積んでいった。
10月に入っても普段のジョグ、SWACでのスピード練習、距離走、
11月末の2度目のマラソンに向かって全てがうまく進んでいた。
いや、うまく進みすぎて調子に乗っていたのか・・・



2008年10月7日。
SWAC教室で10000Mのベスト更新した。
教室終了間際から雨が降り始めた。
止みそうも無い雨の中、僕は帰宅することを決めた。
傘を持っていなかったのでタオルを頭に巻いて視界の悪い状態。
NHKホール横の野音前で突然カバンのストラップが壊れた。
マジかよって思ってそちらに気をとられていた。
その数秒後・・・
小さな段差に気づかず踏み外し・・・転倒・・・
どんなふうだったかは覚えていないが気付いた時は尻餅をついていた。
右足首、左尻に痛みがあったが、その時はパンツが濡れたことが気になった。
電車での帰宅時、右足首の嫌な痛みが気になったが、軽く捻った程度と思っていた。
その時は左尻の方が痛かったし・・・
家に帰っていつものように半身浴。
風呂上り身体を拭いていて気づく・・・右踝の部分が異常に腫れていた。
(後日知る事になるのだが捻挫したら長風呂厳禁らしい)
足首の曲げ伸ばしができない、痛みが走る。
湿布も何も無かったのでアイシングだけしてとりあえず寝た。

翌日はさらに腫れがひどくなっていた。
仕事の合間に病院に行ってレントゲンを撮った。
右足踵に過去の剥離骨折のあとはあるが今回は骨には異常はないとの事。
(そう言えば昨年、右踵がかなり痛い時期があった)
が、腫れがひどく靭帯が伸びているとの事。
絶対安静、2週間後の高島平のレースは無理との事。
別に目標のレースだった訳ではないが・・・初めてのDNS・・・棄権。
しばらくは走ってはだめ・・・つくばマラソンまで2ヶ月をきっていた。
全てが狂いはじめていくように思えた。



転倒から4日後、ようやく腫れは引きはじめ少しはましになるがまだ痛みが残る。

転倒から8日後、縦横の動きの痛みは軽減するがねじる動きに痛みが残る。
そして腫れもまだ残る。



この頃になると本当に治るのかどうか、間に合うかどうか不安になる。
目に見える症状の回復も無くなり微妙な動きに痛みが残る。
つくばマラソンまで1ヶ月半を切った。
焦っても仕方ないとは分かっているけど・・・
昨年末の故障時はフルまでは4ヶ月あった。
故障明け2週間後のレースでもベストは出したがハーフだったし、
ハーフとフルは全然違う、フルは勢いでは乗り切れない。

僕はただの市民ランナーで記録もたいした事無い。
けど・・・それなりに、僕なりに頑張ってきた・・・
悪いのは全部自分で、自分の不注意でやってしまった怪我。
あたるところは自分しかなく・・・苛立ちと不安で爆発しそうになる。
「ただ走りたい」 それだけなのに・・・

そんな時、仲間からの言葉達が僕を励ましてくれた。
僕はいつももらってばっかりだな。



転倒から12日後、高島平ロードレース:DNS。

転倒から13日後、連続休足日更新。

いっこうに良くなる気配が無い。
ネットでいろいろ調べて捻挫に強そうな治療院の代表とメールでやりとりをする。

転倒から18日後、横浜にあるその治療院に実際に行ってみる。
腫れがいまだに残っているのは最初の処置が悪かったかららしい。
また2週間も固定したのが回復を遅らせてると言われた。
その後、リハビリ方法を教えてもらい、ジョグ再開の許可をもらう。
相談して11月8日の駅伝に出場する為、11月2日の成田POPランDNSを決める。

転倒から19日後、
2008年10月26日ようやくジョグ再開、ゆっくりと走り始める。
転倒前1周4分20秒弱で走れていたコースを7分以上かけて走った。
半周程度で息が上がる、結局3周(3.45km)しか走れなかった。
筋肉が動きを忘れているのか、それとも怖いのか・・・

2008年10月29日、33歳最後の日、SWAC教室復帰。
転倒した場所を確認して織田フィールドに向かう。
水曜日の織田フィールドは火曜日以上に混んでいた。
久しぶりに見るみんなの笑顔が嬉しい。
夜の代々木公園を8km、ジョグ再開から最長距離。
ペースを上げたくなる衝動を抑える。
みんなで走るとやっぱり楽しい。

2008年11月2日、成田POPラン:DNS
つくばマラソンまであと1ヶ月をきった。

2008年11月7日、東京マラソン、落選。

2008年11月8日、EKIDENカーニバル出場。
予定より1ヶ月遅れの今季初戦、4区2.8kmを走った。
声援をもらった。やっぱり嬉しい。

そして・・・

2008年11月10、夜、26km走った、いろんな事を考えながら・・・

心も身体も調子が上がってこない今、満足いく結果が得られないかもしれない。
ゴールすることさえできないかもしれない。
だけど、やっぱり走りたい。
ただ走りたい・・・それだけなんだ。
今の僕の精一杯の走りで。
そうすればきっと・・・
きっと結果がどうであれ、笑うことができると思うから。
そうする事が僕を励ましてくれた人達へ一つの答えになる思うから。
誰かの為になんて言えるほど僕は立派なやつじゃないけど・・・

僕は走るよ。
今の僕の精一杯の走りで。

今日つくばマラソンの参加通知書が届いていた。
僕はつくばマラソンの出場を決めた。

2008/11/10